スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAKE IT FUNKY!

51ZW6WMT7WL__SS500_.jpg

(2007/07/05)
LIGHTNING IN A BOTTLEがNYを舞台にBLUES MUSICの紹介をする映画だとすれば
MAKE IT FUNKY!は、ほぼ同時期に作られたNEWORLEANSを舞台にNEWORLEANS MUSICの紹介をする映画。
いわばこの2作は兄弟作ということになる。
ところがこのMAKE IT FUNKY!を知らない人があまりに多いという事に最近気が付いて、紹介文を書いているわけです。
なぜこのような事になってるかというと、映画館での封切りが無かった事、またDVDの日本盤の発売も無い。
当然翻訳字幕も無い。これは語りの多いこの映画にとっては非常に不利だ。
DVDの輸入もあまり活発ではない。リージョン1固定のDISKだから一般のDVDプレイヤーにかからないのだ。

映画の冒頭はアトランティックレコードの創設者の一人、故Ahmet Ertegunのコメントから始まる。
そして Bob Frenchがバックビートの事を、 Aaron NevilleやEarl PalmerがNEWORLEANS MUSICに不可欠な
ブラスバンドのバスドラのことについて語ってくれる。
このイントロだけでこの映画は僕の人生にとって大切な映画になったも同然だ。

そして本編のスタート。
収録は2004年の4月27日。
いきなりカーミットラフィンのTPのソロから始まる。そこへアーヴィンメイフィールドが加わり
トロンボーンショーティことトロイアンドリュースがTPで参加。あの小さかった少年は立派な青年に成長している。
TP3本の競演だ。彼が一音TPで吹き始めると会場からは歓声が沸き起こる。
こんな”ワカッテル”お客さんが詰め掛けたイベント。 そりゃ内容的には素晴らしいものがあります。

出演はAllen Toussaint, Aaron Neville, Big Sam's Funky Nation,
The Dirty Dozen Band, Earl Palmer, funky Meters,
Irma Thomas, Irvin Mayfield, Ivan Neville, Jon Cleary,
Kermit Ruffins, Lloyd Price, Monk Boudreaux & The Golden Eagles,
The Neville Brothers, Snooks Eaglin,
Troy Andrews, and Walter 'Wolfman' Washington.

Special guestsとして Bonnie Raitt, Keith Richards, and Steve Jordan.

見所はいっぱいありすぎて、まあ見てくださいとしか言いようがありません。
ドラマーの方には、なんたってアールパーマー!!
アールパーマーとスティーブジョーダンがツインドラムを叩く場面とか・・・・
アーマトーマスがアラントゥーサンのピアノだけを伴奏に歌う場面とか・・・・
アートネヴィルの息子イアンの演奏するところとか・・・

NEWORLEANSをハリケーンが襲う前の年の春に撮影されたこの映画。
各所にちりばめられたNEWORLEANSの風景、建物・・・・とても美しい。
僕はこのちょうど1年後の4月に此処を訪れている。同じ風景だった。
出演のメンバーもハリケーンのことなど夢にも思わなかったはずの表情。みんな輝いている。
それらは一旦失われはしたけれど、必ずきっと取り戻してくれると信じている。
このDVDの発売日は2005年の9月27日。ハリケーン直後の大変な時であった。

http://www.sonypictures.com/homevideo/makeitfunky!/
http://www.makeitfunky.org/
http://www.amazon.com/o/ASIN/B000AA4JMA/105-8446014-7754828?SubscriptionId=1B3XF2GFV63D5VQZC3R2

トレイラーはココ
http://www.sonypictures.com/previews/player/homevideo/makeitfunky!/clip-P7125916_frameset.html

USアマゾンでわずか13$ほどのこのDVDが日本ではなぜか入手しにくいのだ。
しかも入手してもリージョン1で固定、字幕なし。
僕はこれを家のモニターで見るために、一度シュリンクして再エンコ、リージョンを2に書き換えて焼き直して
DVDプレイヤーで再生しています。
そんなめんどくさい事しなくっても、SONYエンターテイメントジャパンが普通に日本盤発売してくれりゃいいじゃんか・・・
LIGHTNING IN A BOTTLEは日活が封切りしてDVDも出して結構見た人多いんじゃないかなあ・・・・
ではMAKE IT FUNKY! を見た人ってどの程度いるんだろう・・・・・

輸入盤(US)


   >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

上記のブログを書いたのが2007年の7月の事でした。
今では日本盤が発売されています。 
今買うならもちろん日本盤がいいですね。(2010/1/1)

スポンサーサイト
プロフィール

es355

Author:es355
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。