スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE AT GEORGIA THEATRE / DEREK TRUCKS BAND

<2005/02/04のBlogの再UPです>

LIVE AT GEORGIA THEATRE / DEREK TRUCKS BAND


これはね。 紹介しようかどうか迷ってたんですよ。
個人的には昨年からのヘビーローテだし大のお気に入りです。
ただ多分一般受けはしないと思うし、ひょっとしたら引いてしまう人もいるかもしれない。
DEREK TRUCKS という 24歳~25歳の若者のとんでもない「熱さ」にである。
しかもそれが2CD延々と続くのである。人に薦めてもどうかとも思う。
しかし、多少なりとも音楽をやる人であれば、また演奏にこもる熱気が好きな人であればこの狂熱といっても良いぐらいの熱にどっぷりと浸かってしまうはずだ。
この音楽にジャンル分けは不要だ。音楽をカテゴライズしないと納得できない人は、これを聞いてどーのこーのと言うだろう。自分の思う枠に入りきらないからだ。
そういう人の言うことは放っておけばよい。
音階は世界中をあちこちと旅をする。
ギターの音量バランスは大きく、でかい。思いっきり歪んだスライドはグオーっというノイズさえ奏でる。

去年来日していたのは知っていたのですが見逃しました。
このCDの入手は昨年2004年夏ごろ。 大阪アメ村のTOWER。
コピーで「限定入荷。すぐなくなります。お早めに」みたいなことを書いてあるのを見てあわてて買った紙ジャケ盤。その後ジャパンブルースカーニバル以降の大注目もあって、日本盤もリリースされた。
今では普通に手に入る。さあ どうする?

2枚目の後半 ゴスペル曲「JOYFUL NOISE」のイントロときたらもう・・・・・
とんでもない人が出てきたもんです。 アメリカは広く深い。

追記します
彼の公式映像としては、オールマンBROSのビーコンシアター
でのライブDVDがありまして、その映像や生で彼を見た方は
ご存知でしょうが、何と言ったらいいのでしょうか・・・
ギャップがあるんですよね。画と音が。
彼はどちらかというと無表情に微動だにせず淡々と弾いている
様に映像上は見えます。ところが、出てきている音のエグイ事。
オールマンDVDの2枚目に収録されているインタビューを見ても
シャイで繊細な感じ。まだ少年のようなところも残っています。
我々がイメージする「アメリカの20代」とはかなり違う。

オールマンの彼と自分のバンドでの彼はやはり違います。
自分の音楽のバックボーンを全部網羅したのが自身の
バンドで、そこにはやはりJAZZや世界の民俗音楽の影響が
色濃く出ています。
ギターを愛する方には是非聞いてもらいたいです。
ギターmusicの新しい可能性が感じられるかもしれません。


あと、もうひとつ書いておきたいことがってね。これはむかつく話でもあることなんですが。あまりワタシ怒らない人なんですが、マジで切れてます。この作品に対するSONYのあまりの扱いに無性に腹が立つ! 当初この作品は自主制作の2CDで発表されて、日本には夏ごろ紙ジャケットで輸入されてきていました。そしてその後10月初旬だったでしょうか、SONYから日本盤が出たのです。
税込み2520円。「ふーん、出たんやな。来日した影響やな。」とそのころは思っていました。ところが、つい最近なんとなくAMAZONで調べ物していて、このCDの日本盤の部分を見て、目が点に・・・・・・
なんと1CDになってる。全13曲が7曲に。しかも誰が聞いてもこの2CDの中で白眉だと思うであろう、2枚目の後半3曲目joyful noiseと4曲目So Close.So Far Away なんとこの2曲がそっくり抜け落ちている・・・・・・
そんなアホな! 僕は夜中に自室で叫びました。
どこをどう判断したらこの2曲がはずされるのか?
2CDと1CD。1CDにしたらほんとに2倍売れると
思ったのか?そうでなくても、DEREKはライブ会場での個人録音
とNETでのUPを公式に認めている。
これじゃ買わないよ。リリース担当として、一体何を聞かせたいのか?肝心なものを聞かさずして一体何を売ろうというのか? 全くわからん! 日本盤は絶対買っちゃダメですよ!帯のコピーはこううたっている。「ライブの熱気を完璧に捉えた快作がついに登場。文句なしの名盤の誕生だ!」 アホか!
名盤を台無しにしたのはsony music japan International Inc. あんたらの責任や! 日本盤買った全員に謝れ! 「音楽より尺の長さと利益を取りました。ごめんなさい」って。
そこで、US盤の2CDがほしい方はアメリカから個人で輸入する方法があります。
アメリカソニーミュージックストアのサイトへ行って、クリックするだけ。
支払いはカードです。 $9.98ですから、1100円+送料。 
合わせて1600円ほどで入手できるはずです。
ほかのオーダーと合わせるか、3人ぐらい注文を合わせて$25以上だと
送料無料になるようなので、正味1100円で入手可。 お試しあれ。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

さらに追記です。ここからは2010年6月時点の情報です。
上記本文で大騒ぎしていた2CD、いまや普通にAMAZONで買えます。
イギリスからは912円+340円で送ってくるといういい時代になりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

es355

Author:es355
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。